トップセールス育成塾 売り込まずに獲れる テレアポ&電話営業法!

トップセールス育成塾

トップセールス育成塾の赤嶺哲也さんについて

トップセールス育成塾の赤嶺哲也さんは、営業コンサルタントとして、
営業トーク・テレアポトークのプロデュースをしています。

「売り込まずに獲れる テレアポ&電話営業法」は赤嶺さんが100通り以上の改善を繰り返して、アポ率61.8%を出したテレアポトークの秘訣を暴露した教材となっています。

営業の登竜門として当たり前だった飛込み営業も、昨今では、アポなし訪問だと入り口でシャットアウトされ、かえって効率が悪くなっているのが現状です。

このノウハウは、今までテレアポの常識とされてきた『経験』や『センス』はもちろんのこと、 一昔前の営業マンの常識だった『粘り強さ』や『根性』も必要ない、というそもそもアプローチの仕方が、他の方法とはちょっと違うテレアポ法だということです。

売り込まずに獲れる テレアポ&電話営業法

この営業マニュアルは、動画が約3時間(本編+特典を含む)にレジュメのテキスト(A4版)がPDFで84ページとなっています。

『売り込まずに獲れる テレアポ&電話営業法!!』は相手の人が、ついつい話の先を聴いてしまうという状況を作り出し、高確率で新規客を獲得する方法です。

その営業手法は、

突然の電話により警戒心が高くなっている相手にたいして、まずはその警戒心を掻い潜り、コミュニケーションを継続できる状態にしてから、徐々に興味を持たせる流れによって会話を進めていく、

人とのコミュニケーションの手法となっています。

具体的には、いくつかの作業をして“たった1枚の紙”を作りあげるだけです。

ビデオを観ながら、3つのステップで、あなたのオリジナルのトークシナリオ1枚を作成することができるようになっています。

トークシナリオ(台本)の作り方

  1. 今のテレアポで成功するために不可欠な「テレアポのスキル 7つのポイント」を理解する
  2. ACSTRA(アクストラ)の法則に沿って、相手が“ついつい話を聞いてしまう・・・”という商品紹介の流れを知る
  3. ワークシートで答えた言葉を使い、ACSTRAの法則に沿ってあなたのトークシナリオを作成する

基本的なマインドセット(心得え)からテレアポトークシナリオ作成、そしてトークシナリオ完成後の実践方法に至るまで、詳しくアドバイスがあります。

このマニュアルに沿って進めると、トークシナリオに入れる文言(セリフ)が揃っていくため、あとはACSTRAの法則に沿ってその文言(セリフ)を並べれば作成できるようになっています。

高い成果を出した、対法人、対個人のトークシナリオ実例の紹介もあるので、それを参考に、真似をしてトークシナリオを考えることができます。 

『断ろう』とすることが当たり前の世界

テレアポにおいて、電話の相手の方が『断ろう』とするのは、商品に興味がないのではなく、知らない人からは話を聞きたくないという理由からです。

にもかかわらず、多くの営業マンは、何かと“興味を持たせよう”とすることに必死になってしまっています。そこで興味を持たせようとして、メリットを前面に出そうとしてしまうから、余計に警戒されて切られてしまうというわけです。

まずは興味を持たせようとするのではなく、聴く姿勢を持ってもらうことができなければ何も始まりません。

この教材では、話し方にあるルールを持たせることによって、聴く姿勢になってもらい、そのあと営業をしやすくする流れを6つのステップにして作っています。

“ACSTRA(アクストラ)の法則”を学ぶ

特に警戒心が高く、慎重になっている相手の方の興味を引くために考えだされたのがACSTRAの法則です。

このACSTRAの法則は、次のとおり6つのパートで構成されています。

「A」のパート … 相手の注意を引き、思わず話の続きを聞きたくなるような“ある話し方”を組み立てます。
   ▼
「C」のパート … 話を聞かずに切るつもりだった相手が、思わずあなたと会話をしてしまう“ある一言”を発します。
   ▼
「S」のパート … 話を聞く姿勢になった相手に、“ある演出”を取り入れた商品紹介をすることで、興味を持たせます。
   ▼
「T」のパート … 商品だけではなく、あなたの会社や、あなた自身に対して安心感をもたせてしまう“ある事実”を伝えます。
   ▼
「R」のパート … あなたが電話をした理由を理解し、感謝さえする“あるダメ押しの一言”を伝えます。
   ▼
「A」のパート … 最初は断るつもりだった相手が、ついつい次回のアポイントを許してしまう“ある提案”をします。

それぞれのパート毎にワークシートがついていて、「自分の商品の場合、どのようなトークを入れればよいのか」がわかるようになる『特別な質問』が用意されています。

出来上がったワークシートは、トークシナリオの作成の時にそのまま活用することができ、あなたのトークシナリオが作りやすくなるようにできています。

テレアポの実践マニュアル

このマニュアルは、テレアポ教材としては過去に前例のない実践部分にこだわり、わかりやすく、即効性をもった実践教材です。

テレアポ電話営業は紹介をもらうことが難しいという状況でも、まったく未開拓なエリアから「話し方」ひとつで新規顧客を開拓することができる、欠かすことのできない重要な営業手段です。

というのも『営業は確率論』とも言われているように、どんな方法であっても、買ってくれる人は必ずいるからです。

トップセールス育成塾代表の赤嶺哲也さんは台本のようなセールストークを丸暗記しなくても、A4用紙1枚程度に3ステップで、「あなたオリジナルのトークシナリオ」を作成するだけで十分だと言います。

どのような相手であっても一律に闇雲に同じトークを繰り返すのではなく、テレアポや電話営業に特有のお客さまの心理状態の変化を知った上で、アポイントメントや注文につなげていくためのセールストークの台本を作れば成約率も大きく変わってくるというわけです。

忠実にやるほど話を聴いてもらえなくなってしまう、従来のテレアポ法の『間違えた常識』を真っ向から否定したもので、個人・法人・団体など対象となる顧客に関係なく、業界の制限もありません。

どのようなテレアポや電話営業であっても使えるものです。

>> 売り込まずに獲れる テレアポ・電話営業法(特典付き)をみる


“もしも”の保障

この教材には提供している営業手法の成果を保障する返金保証があります。

コースでレクチャーしているノウハウを実践して、もし『全く成果をあげることができなかった』場合には、この教材の購入代金を全額返金するというものです。

下記の3項目を実践いただいたにもかかわらずアポイントが全く取れないという場合はメールにてその旨をご連絡ください。教材購入時の価格を全額返金いたします。(購入時の決済手数料、振込手数料は除きます)

・テキスト通りACSTRAの6つのパートで作成されていること。
・特典3の“アポ実践サポート(無料メールサポート)”を受けていただくこと。
・メールサポートによるアドバイス通りにシナリオマップを改善し、1ヶ月間実践していただくこと。

オンラインコースをスタートして1ヶ月後から、3ヶ月間の返金保証となっています。

買って損はないテレアポマニュアル

間違った常識にそって実践しているうちは、けっして正しい結果を得られません。この教材は電話でアポイントを取るという目的であれば、基本的にはどの業界・業種でも対応しています。

営業マンにとって情報は武器です。そして、一生モノの財産となります。

この教材には返金保証が付いています。ですから買って上手くいかなければ返金を受ければいいわけです。

極端な話をすればダメ元で試しに実践してみたところで、あなたに損はないということです。

>> 売り込まずに獲れる!テレアポ・電話営業法!!(オンラインコース)をみる




サブコンテンツ

このページの先頭へ