ホビリエイトと下克上、どちらを購入すべきか?

ホビリエイト

トレンドアフィリエイト教材「下克上∞」と「ホビリエイト・マスターズカリキュラム」

トレンドアフィリエイトの先駆者、下克上と最新のホビリエイトは、ともにアフィリエイト初心者が比較的取り組みやすいというトレンドアフィリエイトのノウハウについて書かれた教材です。

これまでのトレンドアフィリエイトといえば、芸能人のトレンドニュースばかりを追いかけて稼ぐといったようなイメージをお持ちの方も多いかもしれません。

興味が全くないのに、また、不倫かよ…って思いながら芸能ネタを書くんじゃなく、今は好きなことを突き詰めてアフィリエイトすることが出来ます。最新のファッション美容・健康法ダイエットなど、こういったものも今のトレンドに当たります。

ちなみに、この2つの教材の価格は

バナナデスクさんの下克上が16,800円
大須賀英明さんのホビリエイトは24,800円

となっています。

値段だけ比較すれば、下克上がホビリエイトより8,000円安くなっています。

下克上∞(MUGEN)

アフィリエイト教材として知名度が高いのは、やはり下克上です。

この下克上は常に進化を続けていて、つい先月も下克上∞(MUGEN)
バージョンアップを行い、とても人気の高いコンテンツです。

これまでアフィリエイトで稼いだことがない人でも、短期間で、少額であったとしてもまずは報酬を発生させて、とにかく稼げる自信を持たせるくれるという教材です。

下克上∞は芸能系をメインとしたごちゃまぜブログ、および特化型ブログを運営していきます。

最初に「ごちゃまぜブログ」というフリージャンルのブログで、トレンド記事の書き方に慣れてもらいます。そして、次に「特化型ブログ」という、ジャンルを絞ったブログにシフトして、より安定的に稼げるように導きます。

芸能やアイドル、ドラマといったテレビ関係やアニメなど
エンタメ系に興味がある人下克上はあっているかと思います。

なお、以前はアドセンスだけの手法だったのですが、下克上∞(MUGEN)へとリニューアルされて物販アフィリエイト、ポイントサイトに応用するやり方も追加されています。

ホビリエイト・マスターズカリキュラム(HMC)

一方、ホビリエイトは新感覚のトレンドアフィリエイトになります。

ホビリエイト(HOBILIATE)とは、趣味とアフィリエイトを掛け合わせた造語です。

面白くないから途中で挫折したという経験がある方に対処するため、ホビリエイト・マスターズカリキュラムではアフィリエイターのモチベーションを維持するということを重要視して「ホビリエイト式」というブログで運用していきます。

具体的には、芸能や季節といったトレンドにこだわらずに、自分の好きなことや趣味を書いて稼ぐものです。そのため興味のない記事を書き続けられない、ということがなくなるのです。

トレンドブログでありながら、自分が得意とするジャンルに絞ることで、

  • 独自性の高い記事により、Googleのペナルティを受けにくい
  • ジャンルを絞ることによって、ブランド力が強化され購買力をアップする

という効果も狙ったコンテンツです。

ホビリエイトの弱点として、下克上に比べてアクセスが集まりにくいことが挙げられますが、滞在時間やPVは増やしやすい方法だと思います。

あまり大量のアクセスばかりにこだわっていると、アクセスがなくなった時点で終わりなので、ホビリエイトは多少集客力が落ちても、ブログが資産化しやすいやり方を採用しています。

そのため、即効性というより、半年~1年程度の長期的な視点でサイトを育てていくことが求められます。

特化型ブログとホビリエイト式ブログの違い

下克上∞(MUGEN)の特化型ブログとホビリエイト式ブログは、
一見同じようなノウハウに見えますが、実は少し異なります。

特化型ブログは、トレンドアフィリエイトの延長として
記事のジャンルを絞りこんだものです。

ホビリエイト式は、集客にトレンド記事を利用しますが、キャッシュポイントはトレンド記事のアドセンスよりも、ASP系の広告による物販アフィリエイトをメインとしています。

どちらが優れた教材というよりも、向き不向きの問題

下克上∞とホビリエイト・マスターズカリキュラムは、ともに初心者でも稼ぐことができるレベルのコンテンツになっています。両者はトレンドアフィリエイトの手法に違いがあり、それぞれメリット、デメリットがあります。

選択のポイントとしては、即効性を求めるなら芸能系の下克上がおすすめとなり、長期的な安定性を考えるのであればホビリエイトといった感じです。

アドセンスよりも物販アフィリエイトを中心に展開していきたいのであれば、ホビリエイトが良いでしょう。

自分の性格や志向するアフィリエイトのやり方に合わせて、
教材を選んで取り組んでいけばよいかと思います。

>> 下克上∞(MUGEN)をみる


>> ホビリエイト(HOBILIATE)をみる



サブコンテンツ

このページの先頭へ