コピペチェックツール「コピペリン」レビュー

コピペチェックツール

記事・文章コピペチェックツール「コピペリン」

記事の外注を依頼するときは、コピペ問題が必ず悩みのタネになります。

コピペ記事をそのまま利用していると、サイトの評価が下がるだけでなく、元記事を書いた人にも迷惑をかけてしまうことになります。

ただし、コピペチェックをすると言っても、自分で一語一句チェックするなんてことは無理な話ですから、ツールを使っていくことになります。

そんな不正コピー防止などのニーズに対応したツールが、「コピペリン」というチェックツールです。

コピペリンは、アフィリエイト秘書.comという記事代行サービスを行っていた会社が作成したツールです。

リライトの作業をしている方はもちろん、依頼をして文章を作成してもらう場合やブログのアフィリエイトを行っている方にとっては、もはや必要不可欠といってもいいくらいの商品ではないでしょうか。

コピペリンの使い方など

記事作成を外注するにあたって、必ずやらなければいけないのがコピペチェックです。

コピペリンは、株式会社サクラボが提供するWindows用ソフトになります。テキストファイルを一括でチェックできたりする高機能が人気で、有名アフィリエイト団体でも推奨されるコピペチェックツールの定番ツールと言えます。

年間6000円で、テキストファイルの記事、文章のコピペチェックを行えます。

  • WEBから記事がコピペが無いかをチェック
  • ファイルの記事同士でコピペが無いかをチェック

上記を、チェックできる効率アップツールです。

検索回数は無制限で全額返金保証付き、バージョンアップは無料となっています。

コピペチェックツール「コピペリン」の使い方は簡単です。チェックしたい以下の形式のファイルを選択するだけで、確認作業が行えます。(ドラッグ&ドロップも可)

  • テキストファイル
  • ワードファイル
  • HTMLファイル
  • CSVファイル
  • Excelファイル
  • パワーポイントファイル

また、コピペリンはチェックの判定設定を変えることが出来ます。デフォルトでは『おまかせ』がセットされていますが、文字数やコピー比率判定をを小さくすることで、チェック判定を厳しくすることも出来ます。

最終的には目視による内容のチェックなど総合的な判断をすることが必要になりますが、コピペリンで単純なコピペはほぼ発見できるので、必要となる十分な機能が満たされおり、かなり助かります。

コピペチェックツール『影武者』との比較

コピーチェックツールで有名な有料ソフトにはコピペリン以外にも、『影武者』や新SCKの『イーグルアイ』などがありますが、コピペリンが断然売れています。

影武者は1000文字1回換算で、月額4,320円~月100回までの使用です。

それ以上の回数を使用する場合は月500回で16,200円、2000回で54,000円と、さらに金額がアップします。

コピペリンと違ってPDFファイルもチェック出来ますが、文章チェックツールだけの値段としては高過ぎるように感じます。従業員を多く抱え、記事作成の代行などを専門に行っているような会社向けのサービスでしょう。

多くのアフィリエイターがコピペリンを使っています

多くのアフィリエイターがコピペリンを使っています。その最大の理由はコストパフォーマンスでしょう。安くてクオリティが高い、優れたサービスです。

同じような有料のツールは他にもあるのですが、コピペリンと比べると月々の料金が明らかに高いです。他のツールと比べると非常にリーズナブルですので、コストを考慮したコピペチェックツールとしてイチオシになります。

新SCKのイーグルアイはコピペチェックツールだけでなく、他にもいろんなツールや、クオリティの高い画像素材、シリウステンプレートが利用できます。コピペチェック以外にもサイト作成など色々な用途で使いたいということであれば、検討する価値があると思いますが、こちらは月額6,000円となっています。

[参考]SCKアフィリエイトは購入すべきか?シリウス追加テンプレートが特典!

コピペチェックにお金をかけられないのなら、クラウドワークスが提供している無料のコピペチェックツールもありますが、使い勝手や機能面を考えると、やはりコピペリンの方がいいです。

年間で6000円(税込6,480円)です。
月に500円ほどの出費で1年間はチェックし放題ということになります。

>> 文章コピペチェックツール『コピペリン』をみる




サブコンテンツ

このページの先頭へ